BIO-COMPOSITE

GREEN & SUSTAINABLE COMPOSITE

LATI社(イタリア)は熱可塑プラスチック産業向けにハイテクソリューションを提供するグロー バル企業です。AMI (Applied Marcket Information)社から出版された『 Technical Compounders – A review of Europe’s 50 largest players 』にも、ヨーロッパにおける複合材業者トップ50の中に 掲載されており、その実績は広く認められています􏰀。

LATIGEA®はPLAや木質繊維などの持続的で再生可能な原料で作られており、国際規格 ISO-14851 / ISO-14852 の規定条件下で生分解可能な製品です。LATIGEA B01 L/07 は原料の木質繊維には、持続可 能な森林からつくられたFSC認証木材を、PLAはトウモロコシから生成されたものを使用しています。 世界的な認証機関であるVincotteから、『OK Biobased』の認証を受けており、完全に再生可能で あることが認めらています。

LATIGEA B01 L/07

Bio-Polymer (PLA , PHB, …) based compound. wood flour

PHYSICAL PROPERTIES STANDARD VALUE MEASURE UNITS
Density ISO 1183 1.24 g/c㎥
Linear shrinkage at moulding
>Lougitudinal (2.0 mm / 60MPa) >ISO 294-4 >0.15 ÷ 0.55 %
Transversal (2.0 mm / 60MPa) ISO 294-4 0.20 ÷ 0.60 %
MECHANICAL PROPERTIES STANDARD VALUE MEASURE UNITS
CHARPY impact strength
Unnotched at + 23℃ ISO 179 – 1eU 15.0 kJ / ㎡
Notched, at + 23℃ ISO 179 – 1eA 1.5 kJ / ㎡
Tensile elongation
At yield (5mm / min), 23℃ ISO 527 (1) 2.3%
At break (5mm / min), 23℃ ISO 527 (1) 3.5%
Tensile strength
At yield (5mm / min), 23℃ ISO 527 (1) 60 MPa
At break (5mm / min), 23℃ ISO 527 (1) 60 MPa
Elastic modulus
Tensile (speed 1 mm / min), 23℃ ISO 527 (1) 3500 MPa


Arctic Biomatelials

バイオプラスチックが工業用途または医療用機器に採用される場合、成形物の機械的もしくは熱的物性が十分でないという問題があります。Arctic Biomaterials社は独自のABMcomposite技術によってその問題を解決しました。

ArcBiox™は医療分野において生体吸収性材料にもかかわらず、チタンや金属合金と同等の強度を提供します。また工業分野では成形性、耐熱性、および機械的物性に優れるため、生分解性材料でありながら従来の石化材料との置き換えが可能です。


BIO-COMPOSITE ArcBiox™

Arctic Biomaterials社は、分解性グラスファイバーを使用した強化プラスチックを製造しており、2018年の生物原料材料に関する技術大賞(Bio-based Material of the Year 2018)を受賞しています。


ArcBiox™ BGF30-B1は無害な物質に分解されるグラスファイバーを使用した強化PLAです。長繊維強化樹脂技術を使用しているため、耐久性の要求される利用方法にも生物原料のプラスチックを使用することができ、製品寿命を迎えたあとには堆肥化が可能となります。