Bioplastic バイオプラスティック

生産能力2021年には50%増加すると予測

現在、バイオプラスチックは、毎年生産される約3億トンのプラスチックの約1%を占めています。しかし、需要が高まり、より洗練された材料や利用方法、製品が登場するにつれて、市場はすでに年間約20〜100%のペースで成長しています。 欧州バイオプラスチック協会がまとめた最新の市場データによると、バイオプラスチックの世界的な生産能力は、2016年の約420万トンから2021年には約610万トンへと中期的に50%増加すると予測されています。

EUのプラスチック戦略が必要

『 ベルリン、2017年1月27日にて、欧州における価値連鎖に沿ったバイオプラスチック産業を代表するEUBPは、昨日、欧州委員会によって発表された循環経済におけるプラスチックに関する戦略のためのロードマップを受け入れる。EUBPの会長 Françoisde Bie氏は、「革新的かつ持続可能な資源効率の高い経済に向けて、プラスチック業界の継続的な変化を推進するためには、EUのプラスチック戦略が必要です」と述べています。 』(source: http://www.european-bioplastics.org/)

バイオプラスチック (bio-plastic)

「生物原料もしくは生分解性、またはその両方の性質を持つプラスチック」

生物原料 + 非生分解性PE / PP (PET)
PTT / TPC-ET (高機能ポリマー)
生物原料 + 生物分解性PLA / PHA / PBS
化石資源 + 生分解性PBAT / PCL
従来のプラスチックと同じ特性を持ちながら、より良い性質を持っています。

・ 堆肥化 などの新しい廃棄物処理方法
・ CO2換算量の削減

バイオプラスチックは、経済成長の副作用としてしばしば挙げられる資源枯渇や環境破壊などの問題を解消する可能性のある、急速に拡大している革新的な産業であり、バイオ経済にとって不可欠な存在です。
  • 生分解の特性は、材料の資源基盤に依存しません。
  • この特徴は、ポリマーの化学構造に直接関連しており、特に包装としての用途に役立ちます。
  • 生分解性プラスチックは、資源回収と(有機)リサイクルの新しい方法を提供します。EN 13432などの国際基準(独立した第三者機関によるものが望ましい)に従って堆肥化可能であると認定された場合、産業用コンポストプラントで堆肥化することができます。
Biodegradable bioplastics 2016 vs 2021
in 1,000 tonnes
1500 PBAT
PBS
PHA
PLA
Starch blends
Others
1200
900
600
300
0
    2016 2021  
出典 : European Bioplastics, nova-Institute (2016)
http://bio-based.eu/markets/
http://www.european-bioplastics.org/market/

包装・食品関連産業

8000 3124.8

6959.66

6000
4000
2000
0
  2016 2021
Year Rev
($mln)
G.R
(%)
2016 3124,80  
2017 3649,71 16,80%
2018 4272,89 17,07%
2019 5014,18 17,35%
2020 5900,47 17,68%
2021 6959,66 17,95%

一般消費財産業

1000 408

822.98

800
600
400
200
0
2016 2021
Year Rev
($mln)
G.R
(%)
2016 408,00
2017 467,19 14,51%
2018 536,22 14,78%
2019 616,90 15,05%
2020 711,70 15,37%
2021 822,98 15,64%

農業/ 園芸産業

2000 681.6

1441.94

1500
1000
500
0
2016 2021
Year Rev
($mln)
G.R
(%)
2016 681,60
2017 787,95 15,60%
2018 913,04 15,88%
2019 1060,47 16,15%
2020 1235,14 16,47%
2021 1441,94 16,47%

自動車産業

600 249.6

505.66

500
400
300
200
100
0
2016 2021
Year Rev
($mln)
G.R
(%)
2016 249,60
2017 286,06 14,61%
2018 328,61 14,87%
2019 378,38 15,15%
2020 436,91 15,47%
2021 505,66 15,74%

出典 :Technavio